ラブホバイブル>無銭宿泊は罰せられない


無銭宿泊は罰せられない

客の未払い代金を回収することの困難さ容易は『ラブホバイブル』でも述べたとおりである。

無銭宿泊を詐欺罪で罰することは非常に難しい。何故なら、詐欺罪というのは刑法上、その認定における要件が非常に厳しくなっているからである。
詐欺罪は刑法246条で以下のように規定されている。

(刑法246条)
1.人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の長期に処する
2.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同行と同様とする。

これによると、詐欺罪が成立するためには、まず「人を欺く」という行為、そして欺かれた結果として、財物の交付を相手方になさしめたり、不法の利益を得ることが必要となる。
この詐欺罪をラブホのおける無銭宿泊に当てはめて考えると、初めから料金を払う意志がないのにラブホを利用した場合には、「お金を払う意志がないのに、あるかのように振る舞ってチェックインをして、利益を得た」と解釈されて、無条件に詐欺罪が成立することになる。

一方、お金を払う意志でチェックインしたのだけど、財布を忘れてきたとなると、そこには「欺く」という行為がないから、詐欺罪は成立しないことになる。

ここまでは誰もが納得のいく説明であると思う。
しかしここで一番の問題は、誰にもわからない人の内面で犯罪の成立云々が決まるということである。本当に欺く意志があったのか、そうではなかったのかは本人にしかわからない。これは、本人が「騙すつもりはなかった」とあくまでも主張した場合、詐欺罪の成立を立証することは非常に難しいということである。
例えば、お金を持って来ていながら「財布を忘れた」と嘘をついていたとか、あっちこっちで何度も同じことを繰り返していたという事実を立証しない限り、その主張を覆すことは難しいだろう。
私のところで、お金を払わずに窓から飛び降りて逃げていった客がいたが、それは警察に聴取を受けたときに、「お金はあったのだけど逃げた」なんて言ってしまったから逮捕されたまでで、もし「財布を忘れてしまって、なんとか自宅に取りに戻ろうと外に出たが、急に用事ができて戻るに戻れず、そのうち必ず払う気持ちはあり・・・・・・」云々と、あくまでも主張すれば無罪となった可能性もあるのである。

何か不思議な感じもしないではないが、よくよく考えるとお金の未払いは経済行為にはつきもの。そんなものいちいち逮捕していたら、倒産した会社の社長はみな刑務所に入らなければならない。
経済行為における金銭の回収は基本的には当事者同士で解決すべき問題なのである。


ラブホバイブルへもどる