ラブホバイブルラブホテル運営日誌>にわか泥棒


にわか泥棒

朝、会社に行くと、フロントのT子のメモがあった。
それには、「精算機の調子が悪くて、料金17150円のうち、1万円は精算機の中に詰まっていたのだけど、残り7150円は客が頑として払った主張するし、かといって精算機では入金したことになっていないので精算終了にならないし、仕方なく手動で退出をあげました」と書かれていた。そして精算機に詰まっていたという1万円はレジにはいっていた。

私はさっそく精算機の中をチェックしたが、特に紙幣等の詰まりはない。そこで精算機の端末機でり入金記録誌をみると、1万円の入金の記録は確かに残っている。ということは1万円だけ払って、帰っていったということであろうか?

私は次に、監視カメラの録画映像を見てみた。ビデオには次のような映像が流れていた。
客がまず1万円を精算機に入、更に、もう一枚、1万円を入れようとするも、入れては入り口から戻される入れては戻されるを繰り返し、なかなか入っていかない。それで、1万円を入れるのを諦め、フロントを呼んだ。そして、T子がロビーに出てきて、精算機の後ろの扉をあけると、一旦、フロント事務所に戻り、戻った時には手に二万円を手にして出てきた。そしてT子しばし客と会話。それからT子は開けたままにしていた精算機の裏蓋を締めて、中に引っ込んだ。それから客がもう一度、1万円を入れようとしたところ、精算機の下部にある釣り銭を出すところから1万円が出てきた。すると客はその1万円を手に取ると、さっと帰っていった。慌てて後を出てくるT子。でもしばらくして戻ってくる。

とにかく監視カメラの映像はコマ送りのような画像で一度見ただけではよくわからない。それで何度も繰り返して見ることになるのであるが、見ているうちにようやく事情が飲み込めてきた。
まず、客は1万円を精算機に入れたのであるが、その1万円が精算機の中で引っかかったため、それ以降の入金を受け付けなくなってしまった。通常、こういう場合は精算機はエラーとなり、その動きを止めるとともに、フロントにある精算機の端末で「紙幣詰まり」の表示を出すのであるが、希にエラーも何も出さないことがあるから始末が悪い。ラブホテルの精算機の性能は非常に悪い。
この場合もエラーを出さなかったので、紙幣詰まりにフロントは気づかず、客もそのまま更に1万円を入れようとしたのであるが、いかんせん、紙幣詰まりが起きているため、、精算機が紙幣を受け付けない。そこで客がT子を呼び、T子は精算機の裏蓋を開けて中をチェックして、紙幣詰まりに気づき、それを取り除いて、引き続き、精算をお願いして中にひっこんだと言うわけである。
ここまではT子にも客にも何の問題もない。だが問題はこの後である。T子は中に引っ込む際に、開けっ放しにしていた精算機の裏蓋を閉めた。それまで1万円だけ入金という清算中の状態であった精算機であるが、蓋が閉まった直後に、清算中の状態をキャンセルしたのである。つまり、一度、受け取った1万円を客に返却し、振り出しの状態に戻してしまったのである。
監視カメラの録画ビデオには、更にもう1万円を入れようとしていた客のしぐさが確かに映っている。だが、返却口から出てきた1万円を見るや、それを掴むと、さっと出て行ってしまった。残りの7150円を払うどころか、最初に払った1万円すら取り戻してーすなわち、客は1円も払わずにー出て行ってしまったのである。

案の定、精算機の中の紙幣を数えると、表示より1万円札が1枚少ない。
確かに客は何度も何度も払おうとしていた姿が映っているから、初めから、お金を払わないつもりであったとは考えられない。ということは、返却された1万円を見て、瞬間的に心変わりしたということであろうか。なんともまああきれた話である。

しかし客の料金が17150円とはちょっと高いなと思って、利用明細を見たら、4時間しか滞在していない。ルームサービスでも頼んだのかと思ったが、そうでもなかった。客は19時51分〜0時56分の滞在であったため、休憩料金+延長ではなく、宿泊料金+前延長になってしまった上に、この日は年末の特別料金であったため、更に料金が高額になってしまったのである。そのため、客にも多分に「何でこんなに料金が高いのだ!」という不満を持ったことであろう。そしてそれが、とっさのにわか泥棒に変身させた原因ではないかと思う。後からT子に確認すると、客は料金について高すぎると文句を言っていたということである。
4時間で17150円、確かになんとまあ恐ろしい金額である。ラブホテルの料金は何も知らずに入ると怖い。

とにもかくにも、短時間の客で車のナンバーは控えていないし、この件は泣き寝入りである。


ラブホバイブルへ戻る  戻る